もしも病気を指摘されたら

もしも病気を指摘されたら

治験情報

もしも病気を指摘されたら 病気を 治したい からこそ 参加

誰しもが 病気に ならず、いつまでも 健康で いたいもの でしょう。しかし残念ながら病気になったとき・病気を指摘されたとき、あなたならどうしますか。
治験は 有意義な ボランティア行為 であり、高額な 謝礼が 貰えるものも 多いですが、その目的は 医学の 発展に あります。残念ながら 患者さんに なってしまった方は まず 自分自身の 体調を 良くする為に、治療の 一選択肢 として 治験 バイトを 考えてみては いかがでしょう。
ただし、治験 バイトの 種類に よって、お薬候補の 効果が 低かったり、プラセボ という 偽薬 が 当たってしまう 可能性も ありますので ご注意ください。参加に 当たっては よく 検討の上、判断ください。

 もしも病気を指摘されたら 病気を 治したい からこそ 参加

もしも病気を指摘されたら 病気を 治したい からこそ 参加

患者対象 治験の現状

患者さんを 対象とした 治験は 通常、非常に 多くの 方に 参加いただく 第2~3相試験 となり、参加基準も 厳しいものが 多いです。

単に 糖尿病や 高血圧 などに なったから、それらの 治験に 参加できる わけではなく、お薬候補の 研究目的に あった程度の 疾患の方で、安全に 治験が 行える体調(既往歴 や 他の疾患の現病)を 確認した上で 行われます。

つまり 治験専門施設 ではなく、大学病院 や 町の 専門クリニック などで 行うものが ほとんどです。その為、治験バイト という 感覚で 参加される方は 少なく、通院患者さんが 主治医の 先生から お薬 候補 治験に 協力してください とお願いされて 参加するケースが ほとんどと なります。つまり 通院患者さんは あくまでも 治療の 1選択肢 として 参加することに なりますので、謝礼も 交通費+α程度 ですが、スケジュールの 調整等も ある程度 相談が 可能なものが 多いようです。

この場合、参加する メリットと しては、謝礼よりも むしろ、丁寧 かつ 保険診療 以上の 詳しい 検査や 先生との 相談、体調管理 等 と 新薬 として今までのお薬よりも メリット (効果が強いとか副作用が少ないとか、使い勝手が良い等)を感じることに あると 思います。

現在、治療で かかりつけ医が いらっしゃる方は 自分に あった治験が 行われていないか 主治医に 聞いてみるのも 一考か と思います。
また、現在、通院中 または 通院予定の クリニックが 主治医 というほどでない 場合は、あらかじめ その分野(高血圧なら循環器内科等)の 治験を 多く 実施している施設を 探しておくのも 良いかもしれません。

治験を バイトと 考えず、社会貢献と 治療の一選択肢と 考えると 治療費は かぎりなく安く(診察代等は 本人負担あり、ただし 謝礼が 貰える場合が 多い)、きめ細かな検査が 出来て、うまくすると 新しいお薬 になる メリット ある お薬候補の 恩恵を 受けられる。一石何鳥 にも なるかも しれません。お薬を 研究している 製薬会社も よりよい(売れる)薬に なると 信じて 研究していますので。

 

患者対象 治験 の 見つけ方

患者治験は 主に 一般の 病院・クリニックで 行われていると お伝えしましたが、実際に 治験が 行われている ところは 多く 実施しており、実施していないところは 全く実施していないケースが多いです。 その為、実際に 治験を 検討されている 場合、通院する 病院・クリニックで 治験を 実施している 可能性があるか、ホームページ などで 確認してみてください。

また、最近では 生活習慣病等の 治験治験を メインで 行っている実施施設で 患者さん 対象治験を 行っているケースも 増えていますので、同様に 治験施設や 紹介団体の チェックも 忘れずに お願いします。

疾患の 内容に よっては 開発している 製薬会社や 研究を サポートしている 会社等が 直接、募集し、実施施設を 紹介してくれる 例も ありますので、まずは ご自分の 疾患名と 治験で ググって みてください。良い治験 バイトが 見つかるかもしれません。

 

治療も したいが 高額謝礼も 期待したい 患者さんは

もしも あなたが 治療も したいが、高額謝礼も 大いに 期待したいと 思っているようなら、まずは いくつかの 治験の 専門施設や 治験紹介団体に アプローチして みてください。疾患の 内容に よっては すぐに あなたに あった治験 バイトが 見つかるケースが あります。ただし、治験 バイトは あくまでも 研究が 主体ですので、安全に 参加するためには、しっかりとした 体調管理が 必要です。

高額謝礼も よいですが、まずは あなたの 体調を しっかりと 見つめてくれる 主治医を 見つけることが 重要です。このような 主治医が 治験を 実施している とか その主治医から 治験の 専門施設の 紹介を 受ける ことが 理想的です。

いずれにしても 病気が 見つかった時、治療を 放棄したり、遅らせることが ないように十分注意 してください。あなた自身の 健康が 社会貢献に つながります。